「社会保険労務士」の資格とは?

「社会保険労務士」とはどんなことができるのか調べてみました。
労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成代行を行い企業を経営していく上での労務管理や社会保険に関する相談・指導を行うことを職業とするための資格、およびそれを職業とする人のことを言うんだそうです。
この「社会保険労務士」のことを省略して「社労士」や「労務士」と呼んだりもするそうです。
では、どんな内容の仕事なのかというと労働や社会保険に関係する諸法令に基づいて行政機関(主に労働基準監督署、公共職業安定所、年金事務所)に提出する申請書や届出所、報告書、審査請求書に異議申立書や再審査請求書などの書類を作成して、提出に関する手続きを代行することができるんだそうです。
また、労働社会保険諸法令に基づく申請、届出や報告、審査請求異議申し立て、再審査請求等の事項(厚生労働省令で定めるものに限る)について、または当該請等に係る行政機関等の調査若しくは処分に関し当該行政機関等に対してする主張若しくは陳述(厚生労働省令で定めるものを除く)について代理することができるそうです。