自営業で住宅ローンを組む際の必要書類は?

自営業の人が住宅ローンを組む際にはどういった必要書類がいるのでしょうか?まず基本的な物として身分証明書と印鑑が必要です。
そして最も重要なのが過去3年分の確定申告書です。
自営業の人の売上証明書となるのがこの確定申告書なので、住宅ローンを組もうと思えば最低でも3年間は営業を続ける事が大切となります。
もちろん銀行によっては3年未満の確定申告書でも問題ない場合がありますが、大抵の所は3年を基準として見られるため、その点はローンを組む前に押さえておくと良いでしょう。
またローンを組む際は不動産屋に任せるよりも、直接銀行に出向いて話をした方が審査に通りやすい傾向もあります。
せっかくのマイホーム購入ですから、分からない事は直接何でも聞く姿勢で銀行に赴く事が大切です。
こちら