住宅ローン借り換えにかかる事務手数料はいくら?

住宅ローンの借り換えに際しては、住宅購入金以外にも様々な費用がかかります。
その中のひとつに「事務手数料」があります。
この手数料は新規の銀行で住宅ローンを組む場合の手数料で、契約時に3万円から5万円を定額で支払う一括支払い型と融資金額の1%から2%程度を支払うパターンと銀行によって異なります。
一括支払い型は金額が明確で納得できる計算方法ですが、問題なのは後者です。
例えば、3,000万円借入れた場合、2%が事務手数料とすると60万円にもなってしまいます。
こうなると、せっかく住宅ローンを借り換えてもメリットの低いものになってしまいますし、この上、保証料を取られたら「借り換えて損した」ということも充分にあり得ますから、事務手数料には要注意です。