住宅ローンの諸費用はいくら?

住宅ローンのをくむさいに生じる諸費用について紹介します。
一つ目は、印紙代です。
金銭貸借消費契約書を金融機関と取り交わします。
金額が記載された契約書なため印紙に割印が必要になります。
ローン金額が多きいほど高額に最大で60000円となります。
二つ目は、融資事務手数料です。
これは金融機関とローンの契約を行う際、工務店やハウスメーカーが行いますが、その際に発生する手数料です。
平均的な融資事務手数料は30000~50000円といわれています。
三つ目は、抵当権設定登録費用です。
これは抵当権を登録する際、登録免許税が発生します。
借入金の0.
4パーセントと決まっていますが、特例措置の対象となると0.
1パーセントに緩和されます。
この手続きを行政書士に依頼する場合、行政書士の報酬として抵当権設定登録手数料が必要になります。
専門性の高い分野なので、行政書士に依頼するのが一般的です。
このように一口に諸費用といっても様々あります。
住宅ローンの金利は消費税増税で影響ある?