住宅ローンの減税とは?

住宅ローンをいかにして減税するか、ということを知っておくと何かとお得です。
1つの方法として、譲渡損をほかの所得の利益と差し引きをする、という手法があります。
不動産は売却するタイミングや物件の内容によっては大きな損失が発生するケースもあります。
そのような場合には、譲渡損失の損益通算や繰越控除でほかの所得の税金を取り戻すことができます。
通常、不動産を売って譲渡損が出てしまっても、税金が軽減されるという措置はありませんが、マイホームを売って譲渡損が出た場合には、特例が設置されています。
損益通算とは、マイホームの売却損を給与などほかの所得と差し引きして、所得を減らすことができる制度です。
繰越控除は、1年間のほかの所得だけでは損益通算がしきれない場合、翌年以降に損失を繰り越して、損益通算する制度です。
マイホームの売却の際の繰越控除は翌年以降3年間まで有効です。
このようなことを知っておくと、税金面で有利になることもありますので、ぜひ押さえておきたいポイントです。